予防する歯科 | 歯の役割と、審美的な面から見る歯科治療法の今とこれから

予防する歯科

予防歯科でする虫歯予防

歯科クリニックは、歯や口元の悩みを解決できる病院です。虫歯治療の他に、矯正歯科、インプラント、ホワイトニング、口臭の治療などを行っているクリニックもあります。 どんな病気でもそうですが、虫歯も予防することが大事です。虫歯を予防するために通うのが「予防歯科」です。予防歯科では、虫歯にならないように正しいブラッシングの仕方を指導してもらったり、歯のクリーニングやフッ素コーティングなどをしてもらうことができます。 予防歯科を定期的に受診することで歯が丈夫になり、虫歯になるリスクを減らせます。予防歯科は保険適用外の診療になりますが、虫歯になってから歯医クリニックに行くよりは安く済み、そしてひどい痛みを我慢する必要がなくなります。

痛くなくなった虫歯治療

「キーン」という不快な金属音を我慢して虫歯治療をする時代はもう昔の話です。今はほとんど痛みがなく、そして不快な金属音を聞くこともなく虫歯治療ができるように進化しています。 最近多くなっているのが「無痛治療」を謳っている歯科クリニックです。無痛治療とは、その名の通り、ほとんど痛みがなくできる虫歯治療のことです。「笑気麻酔」を使っての虫歯治療も無痛治療の一つです。笑気麻酔とはガス麻酔薬のことで、麻酔をすると一時的に眠っているような状態になります。麻酔が効いている間は、痛みを感じることがなく治療ができます。麻酔が切れたら普通に自分の足で自宅に帰ることができます。笑気麻酔を使った無痛治療は小さい子供を持つ親にとってとても助かります。